思春期ニキビと大人ニキビでは取るべき行動が違ってくる

思春期ニキビと大人ニキビでは取るべき行動が違ってくる

思春期ニキビや大人ニキビに悩まされている方はいませんか?実はこの二種類のニキビは混同されがちですが、治し方も原因も少し違うのです。では思春期ニキビと大人ニキビの治し方をそれぞれご紹介しましょう。

 

 

一般的には10代の頃にできるニキビを思春期ニキビと呼び、その後20代以降の大人になってできるニキビのことを大人ニキビと呼んでいます。思春期ニキビは10代の成長期に起こる成長ホルモンが原因でできます。成長ホルモンの影響を受けると皮脂腺を刺激して皮脂がたくさん出てしまいます。するとこの皮脂が毛穴に詰まってニキビの原因を作ります。つまり皮脂の対処が大事です。

 

 

肌がべたべたするなと思ったらしっかり皮脂を落とすことを心がけましょう。ただ洗いすぎても悪影響になることがあるので、基本的には洗顔は朝夕の2回に留めて、後は汗をかいて顔がべたべたするときに洗顔しましょう。そうやって皮脂を対策するとニキビは治ります。洗顔はたっぷり泡立ててあまり顔を刺激しないようにして優しく汚れを洗い落としましょう。また睡眠不足はニキビを治すための時間を削ってしまうので、ニキビの悪化に繋がります。しっかり眠って肌のターンオーバーを良くしましょう。

 

 

それに比べて大人ニキビは思春期ニキビのときのように成長ホルモンが影響するものではありません。代わりに大人ニキビは毎日の生活習慣の問題が積み重なってできるものです。大人ニキビが治らないということはそれはつまり生活習慣に問題があるということですね。大人ニキビになった場合は食生活の改善と睡眠不足の改善、それからストレスの発散に力を入れいましょう。そういった日常のちょっとしたところに問題があって、大人ニキビができている可能性が高いです。これらを治すと徐々に肌は調子を取り戻していくのでオススメです。このように生活習慣の改善からニキビの治療をしましょう。

 

 

思春期ニキビと大人ニキビでは取るべき行動が違ってくるのです。自分が何の原因からニキビに悩んでいるのかをまずは導き出して、それから伴う対処法を行いましょう。